それでも淡々と

こんばんは。

鍼灸の専門学校に通学中のエステティシャン佐藤香織です。

 

今、世の中は新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)と戦っています。

日々刻々と深刻化する事態になすすべもなく人々の大半が辟易しています。

テレビを見ない私でも、様々な情報を目にすることが多く事の重大さがわかります。

 

自分ごとになりますが、私は専門学校に通っているのですが、今年は国試の年でもあります(正確には2021年2月か3月)

現在2020年4月20日までは学校が臨時休校となっています。

でもこのままパンデミックが続けば、GW明けまで休校になるかもしれません。

もしかしたらそれ以上になるかもしれませんね。

となると、国試を受けるための授業日数の確保が難しくなってくるそうです。

祝日などをつぶしていっても、足りなくなるそうです。

その場合、卒業認定を出してもらって国試を受けることはできるそうですが、そのあと授業をこなすことになるんだそうです。

 

致し方ないのですが、正直かなり心が乱れます。

 

今自分ができること。

過去問を解き、1~2年生の復習をすることです。

どんな状況でも、ダメなことはない。

授業を受けるであった時間を、勉強に充てる。

これから怒涛の日々が始まることに備えて・・・

 

今回の騒動で、世界は変わっていくのかもしれません。

それでも、その時にできる精いっぱいの行動を淡々としていくしかないのです。

 

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の事がわかりやすく紹介されています

 

趣味メインのサブブログも書いています♪
【SATO’S In a head】

kaori-sato

2008年からフィリピンの伝統療法「HILOT」をおこなっております。
現在は、骨格矯正の「関節エステ」も織り交ぜ、東京都五反田にある治療院【IMIZU SHISEI REFORM】院内にてエステティック施術を担当。
はまっているのは一眼レフ。2児の母です。

Related posts

PAGE TOP