こんばんは。

鍼灸の専門学校に通学中のエステティシャン佐藤香織です。

今日は、肌寒い一日でしたね。保育園にお迎え行くとき、マフラーを巻いちゃいました(^^)/

 

何事も情熱をもって取り組むと何かが変わる

今日は、一日WEBの仕事をしていました。
とあるエステサロンのメニュー表づくりと、HPの作成です。ついでに自分のサイトも色々変えちゃいました。
やるまでは腰が重く、取り掛かるまで時間がかかるんですよね~。
でも仕事の依頼となれば話は違います。
そしてついでに自分のものもやっちゃいました。
カレンダーをいれたり。GoogleのAPIキーの認証に手間取ってしまった。
今は、クレカの情報を入れないと、認証されないのね。。

話はそれましたが、WEBの仕事も数年前までは、ずぶの素人でした。
パソコンすらまともにできない、原始人と言われた女だったのです。

でも前職でHPの更新などをやらせてもらっているうちに、独学で勉強を始め、グラフィックソフトまで使えるようになっちゃいました。

私は、なにか物事にはまると、とことんやります。

おかげでそんな趣味から始めたものも今はお仕事になってお金をいただいています。

私はまだ子供が小さいため、在宅でできること、しかも今やっているエステティックに通ずることがしたいと思い、ここまで来ました。

SEOのことや、SNSにまで詳しくなりました。( *´艸`)

それが口コミでお仕事の依頼をいただけるまでになったのです。しかも同業の方たちから。

今日も新たなHP作成依頼をいただきました。

私は、HPの作りて目線と、施術者としての両方の立場で提案できるのが強みです。

“好きこそものの上手あれ”なのです。

 

なのでできない理由や、やれない理由を並べるより、どうやったらできるのかを模索することが大切です。

自分にしかできない強みがあるはずです!

あとは継続ですね。

私は4年以上こつこつと、WEB関連を勉強してきました。

すぐには結果は出ないのですが、続けることで、その物事は着実に自分のものになっていくのです。

 

施術者は施術ができるだけではビジネスとしてなりたたない

今、通っている鍼灸の学校では、解剖生理学、東洋医学、経穴などの勉強以外に、臨床心理学やHP作成、ブログ開設、マーケティング、異文化コミュニケーションなど、様々なことを勉強しています。

結局、施術に関する技術だけでは仕事にならない現実があるということなのです。

HPを作るとかは業者にお任せしたほうがいいでしょう。
でも作ってもらうにしても、ある程度のこちら側にも有効な知識がないといいものは作れません。

今は、ただ形を作ってくれるところが多いので、いざ出来上がり現物をみると、なんだか閑散とした魂のこもっていないホームページになってしまった、イメージと違ったという事態になるのです。

そんなHPはHPとして機能しません。

そうすると簡単に発信できる、アメブロやFacebookなどのSNSに逃げてしまうのです。

SNSは使い方によってはとってもいいものですが、自分がお客様の立場に立ったとき、HPがしっかりしていないところにはいかないと思いませんか?
紹介や口コミでいらしていただけるカリスマ性があれば話は別ですが。。

自分の持っているコンテンツが薄いということは、無装備で戦地に立っているのと同じことなのです。

私たちは、何かに偏らずできることを、まんべんなくやらなければならない時代のなかに立っているのです。

現代は様々な業種がすんご~~い激戦なのですよ。
隙間産業なニッチな仕事も増えては来ていますが。。

 

やり方も勉強です

こんなことを話すと、「でもやり方がわからない」という意見が必ず出ます。

うん、今は平成。情報化社会です。

ググれば何でも出てくるし、関連書籍は山ほどあります。

そこから、派生していくのです。

私は、やりたいことの関連書籍は最低でも5~6冊は読みます。

グラフィックソフトは、本を10冊読んで使えるようになりました。

好きを仕事にしたいと思えば、有効な投資なんですよね。

思考は現実になるといいますが、思考をきちんと実践することで現実になるのです。

 

学校の著名な先生がおっしゃっていました。

「患者さんは、無意識の中で施術者の生き方に共鳴して通ってくれるのです。
勉強はして当たり前。
勉強しない、適当な人に体を預けられないのが患者様なのです。以下割愛」

その通りですよね。

愚痴を言うなら、本の1冊でも読んだらいいのに?そんなことを思う今日この頃です。