本日はヒロットセラピースクールのフェイシャルレッスンの日でした。

ヒロットのフェイシャルは細かく指を使い筋肉をとらえる少し変わった手技です。

今受講していただいている生徒さんも体験でこの変わった手技に感銘を受け受講を決めてくださった一人です。モデルさんはお母さまにお願いをして毎回レッスンをしています。

かなり前ですがエステサロンで勤務されていた方なので基本的な動作は身についています。でも久しぶりの実技なので、家での練習も欠かしていません。3人のお子さんを持ちながらなのでパワフルだなと、とてもいい刺激をもらいます。

そして1番下のお子様はまだ未就学児なので旦那様のお休みに合わせてスクールに通っています。

家族の協力が頼もしいですね。

スクールの勉強は然りなのですが、毎日あるわけではないのでレッスンの間の自宅での練習はとても大切になってきます。

1週間に一度じゃ手が覚えません。皆さんの日々の生活があるので強制はできませんが、きちんと練習してくれるかたは次回のレッスンがスムーズにいくので得るものが違います。細かいところまで修正ができるのです。

練習してこない場合は、毎回のレッスンが1からの練習になってしまうのでなかなか細かいことまでお伝えできる時間が少なくなってしまうのです。。。

 

フェイシャルはマネキンがあるのでわりと練習がしやすい!※ボディは相手があってこそなので1人暮らしの独身だとちょっと練習しにくいです。経験済みなので分かります。

でもボディでも自分の足などを使用しタッチの練習はできるから私はしていました。

要は心の持ち方ですね。

 

あとは手技の流れはもちろんですがいかに筋肉やリンパ節などの解剖学が頭に入っているかも大切です。イメージできないと毎回施術がぶれます。

身体がスケルトンで見えると施術が覚えやすくなるし、忘れません。

 

今日は次回の試験に向けて最終的な修正をしました。っていっても実は前回よりもとてもよくなっていたのであまりなかったのです(笑)あとはひたすら実技をしてなれるだけの状態まで持ってきていました。

なのでほんとに細かい事。

  • スポンジの密着感
  • 手の入り方
  • ストロークの微調整
  • メリハリのある速度

などなど大事なことなのですが、余裕がなければ伝えられないことばかり。

現場に出ると手技も大切だけれど、上記のちょっとしたことのほうが大事だなと思っています。

これを身に着ける手っ取り早い方法は

『他のサロンに受けに行く』

につきます。

生徒さんには必ず伝えています。

他のサロンに行けばいいおもてなしのお勉強にもなるし、こんなやり方もあるんだと刺激も受けるし、万が一自分が思っていたのと違っていたとしてもそれもいい反面教師として吸収しお客様に還元できるからです。

でも意外と他店に受けに行くセラピストやエステティシャンは少ないのが現状です。

なんでだろうね。

いい刺激になるのにね。

 

私は大手サロンから個人サロンまで受けに行きます。

なかでもベテランさんが個人宅でやっているサロンはいい勉強になります。おもてなしがすごいです!(当社比)※かなり個人の趣味が出ていますが、合致すると通っちゃういうのがわかります♪

 

あー、こんなサロンにしたいなと夢も膨らむし(^^♪

 

また産後落ちついてきたので始動開始です♡

手の密着が良くなりとても気持ちよかったです。身体の使い方が良くなっていました。前回お伝えしたことをきちんと意識してくださっていました。

スクールの時間は私自身の見直しの時間にもなります。

 

ヒロットセラピスト 佐藤香織


毎週金曜日は姿勢リフォーム整体にてヒロット施術を行っております

http://shisei-reform.com/hilot/
※今現在は諸事情により事前予約のみの対応とさせていただいています。ご迷惑おかけしておりますが何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。


ぽちっと宜しくお願いします。感謝です

Ameba Brog(過去のブログはこちら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です