私のトリートメントポリシーをお伝えいたします。

トリートメントは究極のリラクセーションを提供したいと思い施術しています。リラクゼーションの時間こそが自分と向き合える時間と考えているからです。(一時はリラクセーションはなんだか効果のないふわっとしたものという概念でとらえていましたが、巡り巡って原点回帰しました。私はリラクセーション施術が得意!目先の結果を求められるがまま追い求めすぎてリラクセーションの重要性を忘れていましたが、クライアント様が爆睡する姿を見てふと初心に帰りました)、共にヒロットの思想も大切にしています。
ヒロットはフィリピンの伝統療法なのですが【神から授かったギフト】と考え受け継がれて現代に至ります。手に神のパワーが宿るのです。

その神に感謝し人智を超えて作られた人体の神秘に向き合うために常にスピリチュアリティマインドを念頭に置き丁寧に指先で見る施術をさせて頂きます。(その為トリートメント時間は120分のロングコースのみとさせていただいています。)
そしてクライアントの必要な身体づくりのお手伝いをさせて頂けたらと思い日々取り組んでおります。(※スピリチュアリティマインドというのは、人間を超えた目に見えない世界とのつながりが人間の生きる根源だという考え方です。)

もちろん痩せたい、コリをとりたい・不眠やだるさなど現代の不定愁訴にもアプローチしていきますが、これらはリラクセーションの副産物だと思っています。(私が考えるリラクセーションの意味は息抜きする意味のほかに精神的平衡を取り戻すことがあります
人間には本来、身体の機能を保つ『ホメオタシス』というものが備わっています。これが何らかの理由で機能が乱れ不定愁訴となって身体に現れるのですが、不定愁訴を決して悪とはとらえません。だって、生きるということは毎秒ごとに新陳代謝をおこなっている為、細胞は老化が進み活性酸素の発生により常に傷ついているのです。そして生まれ変わります。
これら一連の身体の働きは外的要因(過労やストレス)で乱れるのですが、リラクセーションによって正常な状態に回復できます。それが余分な脂肪が落ちるだったり、張りがなくなるだったり。健康であれば抗酸化も正常な機能として備わっているので然りです。

身体の不調も身体がそうならなければ都合が悪いからそうなっているのです。理由があります。辛いけれども身体にサインが出なければ人間壊れてしまいます。身体の状態は心の声なのです。※ホメオタシスについてはこちら

なのでそこを解析するためにカウンセリングをきちんとおこなっています。自分の事って傍から言われて気が付くこともあるので。(カウンセリングといっても雑談に近いです)

 

そして不定愁訴を悪ととらえないということは何も変わらないの?効果も出ないの?って言われそうですがそんなことはありませんのであしからず。

ヒロットを受けると身体の血液・体液やエネルギーの流れが変わります。それに伴い色々変化はあるのですがクライアントの大切な部分から変化が現れます。(求めている個所からじゃないからかもしれません。ボディラインの変化を求めていてもそうではなく、よく眠れるようになるとか。その方にとっての主訴の根本原因から改善されていきます。)
その細かな変化の部分にいかにフォーカスして気が付けるかがカギです。1回での劇的変化はないかもしれませんが変わったところ(体の事)はお伝えします。(※きちんと解剖生理学や東洋医学・心理学など人体にかかわることは勉強していますのでご安心ください。多岐にわたって対応できるように努力しています。その知識をもとに指で探っていきます。)

まずは変化を知ることがスタートです。

そして身体を任せてただけるよう真摯に向き合わせていただきますので、クライアント様自身も私を受け入れてください。想いや気持ちはどんどん出してくださいね。私は対人間同士のコミュニケーションを大切にしています。
WHAT’S HILOTも併せてお読みください。

 

 

タポン
ヒロットの手技の一つ『タポン』。 腕や脚の付け根から先まで10指を使い一気に払います。フィリピンでは邪気を払ったり気を整える手技と考えられています。